コインランドリー経営は軌道に乗れば体的な収入が得られる安定したビジネスになりえますが、条件を誤ると逆にコスト回収ができな事態に陥ることもあります。
このため押さえておかなければならないポイントとしては、「立地」「ターゲット層」「初期費用コストと改修計画」を明確にすることです。
特に初期費用は機材や内装費なども含めると3000万程度を想定しておく必要があり、そう考えると結構な投資になり気軽に行うことは難しいからです。

コインランドリー経営ってどうやるの?これから始める初心者にもわかりやすく解説

コインランドリー経営ってどうやるの?これから始める初心者にもわかりやすく解説
コインランドリー経営で初期投資にめどがついても、利用者が定期的に利用してくれなければ意味がありません。
特に賃貸で場所を利用する場合は家賃がかかるため、この分以上に売上を確保しなければならなくなるからです。
客単価×来店数を想定したうえで売り上げと原価の確認を行うことも、コインランドリー経営の初心者が必要な点です。
その利益から、初期費用を回収するのに何年かかるかを計算して5年以内であれば投資の目安として良いと言えます。
それ以上だと乾燥機の不具合による修理や取り換えなどの別の費用が発生するリスクがあるので、避けるほうが望ましいです。
所有している土地を有効活用したいという目的であれば、家賃はかからないのでお進めでしょう。

フランチャイズを活用したコインランドリー経営の始め方

フランチャイズを活用したコインランドリー経営の始め方 高収益が見込めるコインランドリー経営を始める場合には、最初に加盟するフランチャイズを探すのが一般的です。
特に大規模なフランチャイズイベントに参加するのが、典型的なコインランドリー経営の始め方です。
またフランチャイズを選ぶ基準は様々ですが、特に経営のビギナー向けのサポートが充実している点にこだわるべきです。
そしてコインランドリーを経営するときには、保有する不動産を活用する以外にも店舗を借りる方法があります。
特に店舗を借りるときには、事前に保証金や家賃などの金額を調べる必要があります。
賃料がリーズナブルな地域であれば、早期にコインランドリー経営を軌道に乗せることも可能です。
一方で保有する土地などが活用できる場合には、人口が少ない地域でも高い収益を得ることが容易です。
更に企業が使わない不動産を持っているときには、10年程度の期間限定で経営スタイルを選ぶことも可能です。
交通量が多い道路沿いの広い土地は、新規に開業する場合にも絶好のロケーションです。
フランチャイズを活用すると、資金調達や店舗探しでも支援が受けられるメリットがあります。
したがってロイヤリティの支払いがあっても、加盟するメリットが大きいです。

コインランドリー経営の将来性は女性に優しい環境

現在コインランドリーは増えつつあり、その伸び率は毎年5パーセントだそうです。
アメリカでは20パーセント利用率なので、まだまだ伸びしろはあり、コインランドリー経営には将来性があるといえます。
コインランドリーの利用者は女性がほとんどです。
その夫婦共働きが増えていることや、女性の社会進出が挙げられます。
女性が外で働くようになれば、家事に割く時間が減ってしまうからです。
マンションに住む人たちは、洗濯物を外に干す場所が少ないため、コインランドリーを利用するということもあります。
コインランドリー経営の将来性は、日本の生活スタイルが欧米化しているためますます高まると予想されます。
そのためにはリピート率を上げる必要があります。
まだコインランドリーの利便性がよくわかっていない人たちにその必要性について、訴えるかが重要です。
女性がなお一層気軽に利用しやすいような環境を作るといったことも、成功の秘訣となるでしょう。

コインランドリー経営にかかる人件費はどれくらいなのか

経営の仕事をしてみたいけれども、できるだけ人件費を抑えたいという人は多いことでしょう。
このような中で、少ない手間で稼ぐことができると注目を集めているものの1つがコインランドリー経営です。
実はコインランドリー経営は、少ない手間ながらもコンスタントに安定的な収益が見込めるビジネスに当たります。
家庭用洗濯機があるのにもかかわらず、コインランドリーの需要があるのかと心配になる人も多いことでしょう。
しかし実は店舗数や市場規模は右肩上がりなのが実情です。なぜこんなにも需要があるのかというと、夫婦共働きの世帯が増えて、週末にコインランドリーでまとめて洗濯をする家庭が増えてきているからです。
原則としてすべてセルフサービスの運営形態になるため、会計や接客の対応も必要無いのです。
オーナー自身が店舗の運営を行うことで、収益を最大化にまで上げることができます。
オーナーが店内の清掃や設備の点検、洗剤の補充等の管理業務を行うことができれば、人件費は一切かからずに営業することができます。

コインランドリー経営は土地活用をする意味でも重要

コインランドリー経営は土地活用という視点からも攻めの経営手法で、無駄なく行うことが可能です。
土地は持っているだけで固定資産材がかかりますが、さら地だと非常に高額になります。
住宅があれば軽減措置があるためそれほどでは無いものの、出ていくお金はあるので必要であればコインランドリー経営などの選択肢も検討すると良いでしょう。
条件としてはその土地の周りで一定程度の人が住んでいてかつ、往来が比較的あるという2つのポイントです。
この形態の魅力としては人件費がかからず、設備投資費用だけで完結するという点です。
家で洗濯することが可能なのは衣類やせいぜいシーツだけなので、布団などの大型のものがあると利用する機会が増えることでしょう。
また大家族で衣類の量が多かったり、日当たりの環境で乾燥しにくいと利用頻度は上がっていきます。
もちろん投資なので回収には期間がかかるという点は注意しつつ、計画を立てて検討すると良いです。

コインランドリー経営を軌道に乗せるために集客を図ろう

コインランドリー経営を始め、軌道に乗せていくためには、定期的に来店するリピーターの獲得、また魅力的なキャンペーンやイベントを行い、集客を図ることが何よりも重要です。
コインランドリー経営の集客方法としては、まず第一にメインターゲットを定めるようにしましょう。
一般的に利用するのは独身者やファミリー層であり、この中でもできるだけ選択の時間を短縮し、効率よく時間を使いたいと考える独身者の場合には、男性と女性で分けて考えたいところです。
男性の場合には、店舗の外観等はそれほど気にしません。
自宅から近いが、24時間利用できるのか、使いやすいのかなど、コインランドリーの機能面に焦点を当てることでしょう。
このようなことから、営業時間や使いやすさ等に的を絞ってPRすることが効果的です。
阪大に女性の場合には、コインランドリーに入りやすいかどうか、また過ごしやすさなどを重視します。
暗い印象があると遠のいてしまうため、明るく清潔な店内を維持したいところです。

コインランドリー経営をするならコンサルタントに相談

近年コインランドリーの需要が伸びているので店舗も増え続けていますが、実際にコインランドリー経営をするとなると大変なのでしょうか。
コインランドリーは無人で稼働できるので、人件費がほとんどかかりません。
土地や建物に機械も購入すると数千万円必要になりますが、開業に関わる自補助金や助成金を活用して資金を調達することは可能です。
もともと土地を持っている人にとっては、有効活用ができるのでコインランドリー経営に興味がある人も少なくありません。
毎月の光熱費や様々な税金などのランニングコストはかかりますが、うまく行けば7年から8年で初期費用にかかった費用を回収できるといわれています。
とはいえ、いくらニーズの高いコインランドリーでもフランチャイズの契約先や立地条件、清潔さや駐車場の有無など条件によっては経営がうまく行くとは限りません。
大金を支払ってコインランドリー経営をするなら、開業支援の実績が豊富なコンサルタントに相談しながら進めていくことが望まれます。

コインランドリー経営の専門HP

コインランドリー経営の基本