コインランドリー経営に必要なランニングコスト

コインランドリー経営に必要なランニングコスト コインランドリー経営を希望するような方は、初期投資費用の他にランニングコストの計算も事前に理解をしておくことは重要です。
当然ながら慈善事業ではなく収益を出すことを目的にしているので、必要とされる経費を把握することで利回りの計算も行えます。
実際にコインランドリー経営をしていく中で出費が必須となる内容は、賃貸であれば店舗の家賃額の他、光熱費も掛かります。
特に電気料金は24時間営業をする上では結構な額面に達してしまうので、可能な限り節電を意識した店舗を作ることも必要です。
重要なランニングコストの中には各種洗剤を購入する費用が必須となり、フランチャイズであれば本部から購入することが一般的です。
更に各洗濯槽のメンテナンスも必須となり、定期的に洗浄作業を行う資金も掛かります。
後は洗濯機など店内で使う機器類の整備点検も欠かせないことになり、利用者が使用している最中に不具合が起きないように徹底した管理の料金も含まれます。
年数の経過によって機材類の入れ替えを必要とする可能性もあるので、得ている収入をある程度貯めておくことで問題はクリアできます。

コインランドリー経営をする上で大切な土地選び

コインランドリー経営をする上で大切な土地選び コインランドリー経営を始める前に決めなければならないことに、どの場所にコインランドリーを建てるかを決めなければなりません、実はこの土地選びは大切なことで、今後運営が上手く行くかが左右されます。
一般的に見るとコインランドリーを建てる土地は住宅街が良いとされています。
なぜかというと周りに住んでいる人が多いほど利用する人が多いからで、逆にオフィスや工場がある場所では利用者は少なくなります。
住んでいる人の年齢にも関係していて、小さな子供さんがいる家庭や単身で住んでいる人の多い地域はたくさん利用してくれます。
比較的値段の安い土地、単身者を対象にしたマンションが立ち並ぶ場所を狙うべきです。
たとえ住宅街でも大きな家がたくさんある地域ではコインランドリー経営はうまく行かないこともあり、なぜなら大邸宅はほとんどの家が洗濯乾燥機を持っていたり、広い家屋の中にたくさんの洗濯した衣類を干す場所があるからです。
この点をしっかりリサーチすればコインランドリー経営はうまくいきます。